蠍座満月🌕戸隠神社編Part5宝光社~無に還る~

こんにちは☆エンジェルです(*^^*)

GW最終日ですね!
私はミッドタウンによく行きますが
今まで見たことがないレストランがあって
びっくりしました。

その名もジーニーズ東京www
少女時代のジーニーズが流れてくるなぁ

アラジンの魔法のランプがお出迎え(/ω\)

おいしくシャンパンちゃん頂きました❤

今回は、前回に引き続き戸隠神社
次の宝光社をご紹介します\(^o^)/

前回の記事「蠍座満月🌕戸隠神社編Part4火之御子社~破壊と再生~」

宝光社

火之御子社から15分くらい歩いていきます。

ここでびっくり!!
歩いていたら急にエーデルワイスが流れる(゜o゜)
ええええええ!?!?
12時を知らせる音楽みたい。
戸隠神社行く前からサウンドオブミュージックの音楽や
話をしていたので、シンクロがすごすぎるw

途中にあった大木


木がすごいあって、ソードの9を思い出したw

自己(他者)批判というカードで
本当は無力を自覚しているからこそ
空しさを感じて
心の痛みだったり、厳しさ、絶望を感じている
他者だったり自分を激しく批判して
自分を追い込んでいる
無数の剣で自分を痛めつけている
もうこれ以上、なんとかしようとか思わず
もう無理して超えようとかせず
人生の土台(否定から始まる世界)を変えるべき

火で今までの古い、否定の世界を焼きながら
一度、無に還す。

宝光社は、まさに、そういう無の場所なんですね。
無だからまだ始まってもいない
この世界に入るには、ロートを通って
カルマをくっつけて入ってきていますが
まだロート通る前の、無、無限、そういう所です。

やっと、宝光社到着!

5社ある中で一番古い社みたいです。
ここは、人がいっぱいいました。

宝光社では、御朱印と御御籤を頂けます。

今回の御神籤

平から、平吉へ!
ちょっと良くなったぽい?(*^^*)

第68番 御后迎兆(みきさきむかへのうらかた)
皇孫乞儘木之花岩長副弖奉家里

これはコノハナノサクヤビメとイワナガヒメのお話ですね。
天照大神の孫・ニニギノミコトと出逢い求婚されるコノハナノサクヤビメ。
父のオオヤマツミはそれを喜んで、姉のイワナガヒメと共に差し出したが
ニニギノミコトは醜いイワナガヒメを送り返し
美しいコノハナノサクヤビメとだけ結婚した。
オオヤマツミはこれを怒り
「私が娘二人を一緒に差し上げたのはイワナガヒメを妻にすれば
天津神の御子(ニニギノミコト)の命は岩のように永遠のものとなり
コノハナノサクヤビメを妻にすれば木の花が咲くように繁栄するだろう
と誓約を立てたからである。
コノハナノサクヤビメだけと結婚すれば
天津神の御子の命は木の花のようにはかなくなるだろう」と告げた。
それでその子孫の天皇の寿命も神々ほどは長くないのである
(Wiki参照)

御神籤の内容は、
二心を持たず正しい道を歩んで物事を行えばよい。
しかし大体何事もよいけれど、物事の対象が二つあるときは
一つは栄え一つは衰えるものである。
子どもや目下の者のために苦労するだろう。
よく慎重に物事を行い、幸せを得てほしい。

と、書かれています。
コノハナノサクヤビメとイワナガヒメって
男性性と女性性に二極化した陰陽の世界だなぁ
と感じました。
この世界は、二極化、陰陽に分かれていたので
ツインレイだと思う相手と出逢う人は
既に相手が結婚していたり
自分も結婚していたり
また、ツインレイだと思ってた人がいたけど
新しい人が現れるなんてこともある
そういう1つが2つに分かれてしまってる世界

でも、お父さんは、コノハナノサクヤビメとイワナガヒメ
どっちももらってくれって言ってるんだよなぁ
って思って、どう書こうかと思って
トートも引いたら
カップのプリンスが出た。

上辺を捨てて本心で生きる
表面的なことに囚われて満足していた
これまでの自分を捨てて
本心で生きる生き方に変容しようとしている人物
必要迫られてやむを得ずに行ってきたことをやめて
本当にやりたいこと、安全のための行動をやめる

この世界でいう上辺って今までの男性性
「ない」「空しさ」女性性から逃げるために
肩書だったり自分を優位にしよう
他人と比べて自分の方が勝っていたい
他人と比べて自分はなんてだめなんだろう
いかに「ない」から逃げて、安全に生きれるか

でも、それだと「ない」女性性から逃げてる
根底の自分から逃げている
本来、根底の自分を超えた真実の自分との統合が目的なので
そこに向かうためには、まず根底の否定的な女性性と男性性に
向き合う、愛そうとします。

それは、お仕事だったり、異性だったり、同性だったり
いろんな側面で。

この世界における男性性の自分
女性性の自分、全て統合しようとする。

すごく嫌だ!と思う相手の特徴は
実は自分が持っているものだったりするけれど
それを、これも私だったと受け取ると
自分に統合されていく。
高橋留美子の「犬夜叉」の、世界に散らばった四魂の玉を
探す旅がまさにそうで
天の男性性、地の男性性、天の女性性、地の女性性
4つを統合していく。

まじで泣けた犬夜叉(ToT)/~~~
高橋留美子は、何も考えずに直感で書くから
こういう物語を書かされたんだなぁと感じます。

そうやって元々1つだったものを分けた世界を
また1つに戻していく。

ツインレイのご相談をされる人は既婚者が多かったり
元カレとの関係がまだあったり
ツインレイをビジョンで見ようとしたら
元カレが出ちゃったとかね。

最初は、結婚相手との仲が悪かった方も
カウンセリングを通して、すごく仲が良くなったり
自分の言いたい事をもっと表現できるようになってる。

ツインレイ以外から愛を受け取ってはいけない
っていう思いから、相手の愛に抵抗していたんだよね。
愛を受け取ったら、ツインレイとうまくいかなくなっちゃうって思ってたり。

安定のための結婚相手って、両親と離れて暮らしている人にとって
親代わりだったりする
今まで、父親、母親との関係が悪い人がほとんどで
でもそれも自分だから、たとえ離れたとしても
違う相手に投影するんだよね。

自分の一部を受け取ったら、そのうち
投影されなくなってくる。
達成したら次へ行こうとする。
自然に離婚に繋がったり
相手との距離ができてきたり

元カレから卒業を言い渡させた人もいた。

もう今の彼だけに集約していくって決めたんだね。

今、2つで迷っている人は
肩書だったり目に見える形をよけて
本心で決めていくこと

そのうち勝手に1つに集約されていく。

というか一瞬一瞬創造しているから
毎回相手を新しく創造している。
だから自分を取り戻すたび
相手の性格が変わったり、あれ?って思うことが起きてくる。

火で焼かれ、無に還って
そして、また生まれ変わるプロセスがあるから
今どんな状況にあっても
自分の本心は、相手の思いでもあるから
ただどうにか方法を探すとか
なんとかしなきゃとかそういうのは置いて
自分の本心を受け入れる。

後は勝手に創られる。

タイミングは、本当の自分が知っている。

今回、火之御子社から歩いてきたから
正門から入っていなかったけど
正門から入るときは急な階段を登らないといけないよう。

階段で降りていく途中。

陰陽に分かれていたことを表しているかのごとく2つの門。

ここ登るのは私には無理だw

次はいよいよクライマックス(/ω\)

では、また次の記事で❤
愛をこめて❤

♡ランキングに参加しています♡
この記事のエネルギーを受け取ってくれたら
ありがとうというエネルギーで
クリックすることで
ご自身に愛の循環を更に起こしてくださいね♡

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

♡ヒーリング・ツインレイタロット・占星術♡
カウンセリング受付はこちらから

創造主シリーズもどうぞ(^o^)/
創造主カテゴリはこちら♡

♡フリマ開催中♡
♡楽天提携のフリル出品一覧はこちらからご覧ください♡

コメントを残す