私は私を恐れていた。成功するのが恐い

私は私を恐れていました。

これから書くことは、私のクライアントも
これからぶち当たる壁だと思うので
書いていきますね。

書こうと思ってたら
ちょうどクライアントから
「びっくりするくらい、うまくいきすぎちゃって
ちょっと怖いくらいです笑」
とメールを頂いて。
やっぱり書くのか、と今日思った次第です。

そのためには、私の過去からの体験も含め書きます。
ちょっと長くなります。

何故、今まで多くの達人と呼ばれる人が
自分の体験談を話さないか?
それは、他人の成功を阻害してしまうのではないか
ということだと話す方もいたけど
私のフィルターを通して話すと
「自分自身が恐いから」です。
他人のことを心配しているようで
自分が自分を恐れているから話せない。

私は、カウンセリングをして
クライアントからびっくりする報告を頂いても
ブログ内で、さらっと書く程度で
そこまで成果を書くことをしませんでした。

それは宣伝するようで
私には力があります!
と誇示するようで嫌だったり
やっぱり書かなきゃと思って
記事にしたこともありましたが
なんか甘い、しっくりこない。

それは、特別でいてはいけない
特別だと攻撃される
という観念。
それは分かってはいました。
分かっていても大きすぎる力は
扱うのが難しいのですね。
結局自分で扱えなかった
だから他人も無理だろう
という感じでした。

「成功者ほど実現が難しい」

これは聞いたことあるかわからないけど
何故かというと
例えば、貧乏な人がお金持ちになりたい
と思いますよね。

その時に出てくる観念は
「自分はお金持ちになれっこない」
と、簡単にいうと貧乏な自分を支えてしまうような観念
でてきます。
一度お金持ちになった人は
違った観念も合わせて、でてきます。

「自分は特別であってはならない」
簡単にいうと、魂によって力の程度は異なりますが
大きな力を得ると
その力を持て余して
自分でコントロールできなくなるのです。

宝くじを当てた人がその後、悲惨な人生になる
とか、聞いたことがありますよね。
成金から落ちぶれた、とか。
しくじり先生とかTVでやっていますが
そういう感じです。

私は今世で言うと、
生まれた時はすごく貧乏だったのですが
私が生まれた理由は両極端な親を
(元々貧乏で成功願望が強い父と元々お嬢様の母)
まとめるということ。
極と極を統合することです。

幼いころ、貧乏から億万長者になった父親でしたが
私はというと、お金持ちでも、父親は愛人がいて
母親がかわいそうだという思いがあり
暴力もふるわれ
幸せをあまり感じませんでした。
そして、父親は社員に騙され、バブル先端きって不渡
何億という借金を抱え、夜逃げ
借金取りに追われました。

それから父親と離れて田舎暮らしをすることになりました。
そこで、私はお金持ちじゃなくても貧乏でも幸せだ
ということを学びました。
もうお嬢様じゃいられないんだからね!
と言われたりもしたけれど
何故、人は噓をついたり争うのだろう
人を恨んでも意味がないと思っていました。

それで、貧乏でも幸せであるということを
悟った私は、東京に戻りまたお金持ちになります。

港区に家を買い、しかしそこからまた転落
親は今度は詐欺と言われ被害者の会が作られる。

もう、警察も、あまりに天地をさまよう私の家族に
事情徴収でおもしろおかしく母の話を聞いていたそうな(笑)

そして、また貧乏生活になるのですが
そのうち、また上がる(笑)

家賃十何万くらいの家から
家賃200万の家に格上げ。

都内で最高のザリッツカールトン東京レジデンシィズ
私の家になりました。
住みたい人のために言っておくと
1Lなら50万くらいからありますよ。

ちょっと前のお金の記事では
10万から20万の家に住みたいとき
どんな観念がでるか?と聞きましたが
私の場合、ふり幅が広すぎまして(^^;
そんな私の体験談をいきなり披露しても
参考にならないと思ったんです。

この時はすでにシークレットを読んでいて
それでリッツに住んでるイメージとか
していましたね。
なんか分からないけど住めるだろう
そんな風に考えていました。

ちなみに、話はここでは終わらず。

六本木の地に降り立つと
下界だと母は言っていました。
そのくらいリッツの空気は天国でした。

私の周りは昔から経営者が多く、
当時もパーティがあれば
誰かが車で送ってくださるのですが
家まで送ってもらうのがすごく嫌でした。
私を見る目が変わるからです。
家のことを言わなくても
私を見た男達は

「彼氏何人いるの?」
「遊ばれそう」
「なんかおまえはやばい」
50、60超えた経験豊かな方にすら危険を察知されます。

そんな感じで私を怖がります。
まず、サラリーマンはほとんど近寄ってきません。
ホストやこれから昇りつめてやる!という若手経営者が
寄ってきます(笑)

私はというと、この波動を持て余し
私は特別だ!という思いと
特別だと分かると攻撃される
エネルギーを吸い取られる
という思いで、ほどなくして
リーマンショックが訪れ、大手企業が飛んだせいで
また何億の借金をすることに。

最初は200万から60万台のマンションへ
また、差し押さえされそうになり
経営は持ち直すことができず
ついには20万台のマンションに。

 

私はすぐまたやり直せると思っていました。
なのに、事態はそんなに変わらないのです。
元々の浪費癖は治らず、お金を遣うことに
全然制限がない私はばんばん使います。
借金が溜まっては、そういう時に限って
父親がお金が入ってきて
借金帳消しをしてくれる
そんな感じでした。

そして、恋愛でも利用される自分を
繰り返していました。

私と付き合う人は出世をします。
ホストで言えば、新人レベルが代表レベルに格上げする
という感じです。
私と縁をもつホストは付き合いたいと言ってきて
ナンバー1になったら考えると言えば
毎月ナンバー報告をしてきて
名無しからナンバー1になってしまったことも。
今思えば、エネルギーで繋がろうとすれば
私が彼のエネルギーを引き上げることになるから
彼がナンバー1になって当たり前なんですね。

当時は理由がわからず、あげまんとは言われてたけど
エッチしてないのになんでだろう?( ゚Д゚)みたいな。

でも、出世をしていくと、もう彼と一緒にいれなくなります。
というのは、彼をこれ以上特別にすると
彼はひどい目に合ってしまう
と自分からも他人からも手の届かない安全なところに置くのです。
例えば、彼を不能にします(笑)

 

前みたいに浮上できず、
3年前に知り合った彼と付き合ってから
私は今までもないような体当たりで彼(自分)と
向き合うことになり、怪我、病気など
相当苦しい思いをしました。

そして、私は彼、そして親友のある考えは
私にとって異質だと思っていました。

彼は自分のことが好きであれば
私が他の人とセックスしてても気にならないタイプ

親友はパトロンがいて
不倫にも罪悪感がないタイプ

この2人は細木数子的にいえば金星人なんだけど(笑)
ちなみに私は水星人プラス

親友には、水星人は金星人にしか受け止められない
と言われました。

それを今になって思い出したのは、
先日、私は久しぶりに他の人のセッションを受けて
金星からメッセージをもらったから。

誰かに相談したかったわけでもないんだけど
偶然の出逢いで「せっかくだし見てもらおうかな」
という軽いノリ。

内容は、過去世リーディング

ヒーラーの先生にも、
古代エジプトの神殿巫女
ファラオの妻
アンドロメダなど
大きな力を持て余したと言われ
君はすごい大きな力を持ってて
引き寄せる力も逆に離す力もすごいと
言われてきました。

沖縄の霊能者の方には
私と同じ弁財天がついてるから
お金も癒しもできる
他人に利用されないように
前世と前前世という最近の癒すべき過去世を
教えてもらったんです。
ちなみに彼女は前前世の母であり女帝。

ヒーラーの先生のワークショップも
2月で一端終わりという時でした。

だからタイミング的にも新しいエネルギーを
とりいれてみたいという気持ちになったのかな。
と思ったけど、違った(笑)

長くなってきたので続きは後ほど☆

お金ちゃんのお話はシリーズになっています。
読んでない方はこちらもどうぞ↓
1.お金の受け取り方1

2.お金ちゃんを得ることができない理由

3.お金の受け取り方3

4.宇宙はあなたの願いをいつも叶えています。

あなたの魂の苦しみを癒し
魂の望む道を光で照らし
スムーズにすすめるようお手伝いをしています。
ヒーリング・ツインレイタロット・ヒーリング伝授・占星術
カウンセリング受付はこちらから

応援ぽちお願いしまぁす(*´ω`*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

私は私を恐れていた。成功するのが恐い” に対して2件のコメントがあります。

  1. アバター より:

    はじめまして。
    話が長すぎて結局、どうしたのか?っていうのが全くわかりません汗
    続くということで、次の話も見てみましたが今度は話が逸れていて…
    自分の成功が怖かったあなたは結局どうやって解決したのですか?

    1. angel angel より:

      初めまして(*^^*)
      話が脱線するのは私の得意技です(/ω\)
      いろんなエネルギーに飛ばしちゃってごめんね❤
      「どうやって」これは罠ですよw
      そして、あなたの中での成功って何でしょうね?
      ちんぷんかんぷんだと思うけど
      まだ根気があれば是非読んでみてくださいね❤

コメントを残す